ステンレススチールの市場は、2022年に1,310億米ドルの市場価値から2033年までに2,340億米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に6%のCAGRで拡大すると予測されます。フェロシリコン売上高の主な成長要因は、世界の鉄鋼市場そのものです。世界の最終鉄鋼生産量は、2020 年の 17.6 億トンから 2021 年には 1.84 億トンに増加したと推定されています。ステンレススチールの成分が組み合わさっており、強力な合金が作られます。窒素、モリブデン、クロムはすべてこの合金の成分です。このアイテムはさらに、耐食性、耐久性、堅牢性、中性合金であり、永久にリサイクル可能です。

スチールは、自動車、建築、電子産業など、さまざまな産業にとって理想的な素材です。製品の必要性は、絶えず拡大する自動車産業によって促進されています。さらに、製品の耐腐食性とリサイクル生産の拡大により、予測期間中に市場拡大がさらに促進を予想されます。鉄鋼はほとんどの分野で必要な原材料であるため、製造業者は過去数年間、鉄鋼事業で一貫した収入源を生み出してきました。実際、世界の粗鋼総生産量は、2020 年の 18.8 億トンから 2021 年には 19.4 億トンに、わずかながら着実に増加しています。